Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ボーダーコリーレスキュー
スマホ版
スマホ版
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
明日から!
0

     

    アジリティーヨーロピアンオープン2016始まります!

     

    今年はお友達が出場するので、ちょっと気合い入ってる私です(笑)

    世界に行けるなんてすごいよね〜!

    彼女がずっと頑張ってきた姿を見てきたから、喜びもひとしおなのです。

    2週間前にクラブの仲間たちと壮行会をして健闘を祈り、送りだしました。

    きのう出発して無事に開催地のフランスに到着したそうなのでひと安心。

    今日はヘルスチェックなどがあるそうで、明日は団体戦、あさっては個人戦、明々後日はファイナル。

    ライブストリームのチケットも購入済みだし、

    大画面で見られるように、PCとテレビをつなぐHDMIケーブルも用意したし、準備バッチリ!

    日本から応援します(^^)

    そして世界のアジラーの走りが見られるのも楽しみ〜。

    ヨーロッパはこのところ不穏な空気が流れているけれど

    何事もなく、無事に開催されますように。

     

    日本から参加してるみんな、頑張れ〜!

    カペラも真顔で応援します(笑)

     

    世界とかに全く関係のない私と犬たちは、のんびり過ごしてます(笑)

    やっと関東も梅雨明けしたので、そろそろプールでもだそうかな。

     

    posted by: ろみい | アジリティー | 11:02 | comments(0) | - | - |
    6月練習会
    0

       

      先週末はクラブの練習会でした。

      暑かった〜(^^;

       

      富士山もすっかり夏の装いになって、きれいに見えてました。

      でもこんなに清々しかったのは朝だけ。

      日中は暑くて暑くて(^^;

      そして練習会のお昼休みに、外耳炎になってしまったプロッキーを病院に連れて行ったので

      あわただしい一日となりました。

      すっかり疲れてしまって、翌日はグダグダでした(^^;

       

      今回の2,3度クラスのコースは、先日の選考会のコースでした。

      なのでうまく走れるはずもなく、スピカは撃沈(^^;

      動画はパスです〜。

       

      カペラのほうも、私が上手に走らせてあげることができなくて

      どよよ〜んと落ち込んでるところなので、動画はパスしようかとも思ったけど

      記録のために載せときます(^^;

      4走したうちまだましな2走です。

      私のハンドリングがいまいちなので、カぺちん、テンション低めです(^^;

       

       

      カペラのハンドリングにまだなかなか慣れなくて、

      悪戦苦闘中(-_-;)

      修行せねば!

       

      ハードルは苦手なカペちんだけど、スラは大好き♪

      先日、自主練中にふと見たら・・・

       

      目の下にスラはげできてました〜(^^;

      カペちんは走りがソフトで、当たりもそんなに強くないはずなのに

      スラはげできるなんて不思議〜(笑)

      まあ、元気な証拠ということで!

       

      そうそう、プロッキーの外耳炎も点耳薬のおかげで治りつつあります。

      早めに病院行ってよかった。

      わざわざ練習会抜けて病院に行った甲斐がありました(^^)

      これから本格的に暑くなるから、人も犬も体調に気をつけなくてはね〜!

       

       

      posted by: ろみい | アジリティー | 17:41 | comments(4) | - | - |
      試行錯誤中
      0

        ずっとハードルの跳び方矯正をしているカぺちん。
        これまでに、シーケンスを回るときにもいろいろな方法を試してきました。
        ここにきてまたちょっと新しいやり方をお試し中。
        私がまだその新しいやり方に慣れていないため
        うまくいったり、いかなかったり(^^;
        先生には、このやり方をしっかり身につけるようにと言われましたが
        まだ少し時間がかかりそう(^^;
        でも今週末の大会、カペラを1度で申し込んでしまったのです。
        もうちょっと時間がほしかったな〜(T_T)

        まあ場慣らしのためと思って出場することにします。
        たぶんバーはまだボロボロと落ちるのだろうけれど、
        気にせずに最後まで走ることを目標にしようと思います。
        去年の11月からずっとずっとハードルトレーニングをしてきて
        出口のない迷路でずっともがいている気分だったけれど
        こうして完璧ではないにしてもスタートに立つことができるだけで
        なんだかちょっと感極まってしまうのでした。
        でもあんまり思い入れないように(笑)練習のつもりで走ろうと思います。

        いろんな練習をしてきたけれど、
        この前、先生に教えてもらった新兵器(笑)

        通常のバーの前後に、もう一本このようにバーをセットします。
        これは先生が海外に行ったときに見た練習方法だそうで、
        こうすることによって、ジャンプの頂点をちょうどいい位置に調整することができます。
        これを跳ばせてみると、ホントに頂点がちょうどぴったりバーの真上にきて
        ほとんどバー落としをしないのですよね〜。
        不思議です〜(笑)
        先生にはいつもカペラのことを気にかけていただいて、
        どうやったらカペラが上手に跳べるかを教えていただいて感謝してます(^^)

        土曜日の競技会、カペラが楽しく走れますように。
         
        posted by: ろみい | アジリティー | 17:17 | comments(4) | - | - |
        失敗しても褒める
        0

          最近、レッスンのときにこの言葉をよく言われます。
          アレックスのセミナーのときに注意されたことです。
          走っているときに失敗したとしても、犬が人間の指示に従って動いていたなら
          「あ〜あ」と声をあげたり、がっくりしたりせず、
          犬をきちんと褒めるようにと教わりました。
          というわけで、うまくできたときだけでなく失敗しても褒めるようにしています。
          特にカペラの場合は、自信を持たせるために、失敗させてしまって、あ〜!って思っても
          それをカペラに悟られないよう(笑)顔にも態度にも出さないように気を付けています。

          そしてこの前ネットで読んだ記事「Dogs don't make mistakes.」が心に響きました。
          「犬は間違えない」
          そうだよね〜!と思います。
          コースを走っているときに、犬が違う障害に行ってしまうのは
          人間のコマンドのタイミングが悪いとか、体の向きや足の向きが違うほうを向いてるとか
          結局は人間の失敗なのですよね。
          それを犬のせいにしてはいけませんよね〜。
          失敗を犬のせいにして、犬に対して怒ったり、叱ったりしている人を見ると
          言葉は悪いけど、なんだか見苦しいな〜と思ってしまうのです。

          100歩譲って、人間が完璧なタイミングでコマンドを出して、体の向きも完璧で
          指示は100%完璧だったのに、犬が違うほうに行ってしまったとしても、
          それは人間の指示にきちんと従わない犬に育ててしまった人間に
          やっぱり責任があると思います。
          「失敗したときは、誰がその犬を育てたのか、思い出してください。」
          これは5年前のトニーさんのセミナーのときに言われた言葉なのですが
          ずっと私の頭の中に残っています。
          スピカがこの前の徳島の競技会で、最初のバーをくぐったのも
          やっぱり私の責任だって自覚しておりますよ〜(^^;

          でもうまくできないのは100%自分に責任がある、って思っていれば
          それはそれで気が楽だと思うのです。
          だって犬をどうこうしようじゃなくて、自分が変わればいい話だから(笑)

          アジリティー、ただ技術を身に着ければいいだけじゃなくて
          犬との関係もいろいろと考えさせられることが多いです。
          何年やっても本当に奥が深いな〜と思います(笑)



          カペラとはまだスタートに立ったばかり。
          ここ数か月、悩みに悩んだ間にいろんなことを考えてました。
          クリーンランや昇格は、もちろんできたほうがいいけれど、
          私にとっては、それよりももっともっと大事なことがあるのです。
          それがなにかは私だけの秘密(^^)
          私が100%責任取るから(笑)一緒に頑張ろうね、カペラ♪

           
          posted by: ろみい | アジリティー | 17:26 | comments(4) | - | - |
          5月練習会 2016
          0

            週末はクラブの練習会でした。
            お天気もよく、爽やかな一日でした♪
            今回は小雪ママさんからいただいたWild Zap RiderのTシャツ着て走りましたよ〜!

            カペラは今回からスーパービギナーを卒業して、1度クラスのJPとAGに出場しました。
            AGは前回出たけれど、JPは初めて。
            タッチ障害がないJPは止まるところがないので、私とカペラにとってはちょっと難しい〜。

            JP1走目とAG2走目の動画です。


            JPは最後のバー落下〜!
            AGは1走目はほかの障害に行ってしまって失格。
            2走目はバー落下と拒絶があったけれど、なんとか完走。
            カペラはスピカとは全く違うハンドリングをしなくてはいけないので
            私がまだ慣れていなくて、そこがとっても難しい。

            でもまだまだ失敗は多いけれど、カペラがここまで頑張ってくれたことが
            本当にうれしくて涙でそうになりました(T_T)
            ラージの高さのバーがうまく跳べなくて、悩んで悩んで落ち込んで
            アジリティーをやめたほうがいいのかもと思っていたここ数か月は本当に苦しかった。
            それでもなんとかこうしてコースを走れるようにもなってきたのは
            カペラが頑張ってくれたからにほかありません。
            カぺちゃん、ありがとうね。
            これからもきっと私とカペラの進む道は茨の道になるのだろうけど
            一緒に頑張っていこうと思います。

            さて、スピカのほうはというと、今回もヨレヨレだった〜(^^;
            私の力不足で、うまく走らせてあげられなかった。
            ごめんね、スピちん(^^;
            でももう11歳になったので、練習もほどほどにして
            アジリティーも適度な運動として続けていければいいかな、と思ってます。

            というわけでまたしばらく競技会もお休み。
            自分の練習に励みます。






             
            posted by: ろみい | アジリティー | 17:01 | comments(6) | - | - |
            どしゃぶりセミナー
            0

              今週の月曜日、今週末、大阪の大会でジャッジを務める
              アレクサンドラ・ロスさんのセミナーがありました。
              3年連続、日本に来てくれているアレックスのセミナーも、これで3回目。
              しか〜し、朝から大雨(T_T)
              通常のレッスンだったら、絶対、お休みしま〜す、って電話するんだけど(笑)
              さすがにここはお休みできない(^^; ってことで行ってまいりました。

              スピカはもうそろそろ引退なので、今回はカペラだけ。
              また跳び方を中心に見てもらいました。
              まだ少し不安そうに跳んでいるところがあるので
              もう一回バーを低くして、もっと自信を持って跳べるようにすること、と
              アドバイスをもらいました。

              まあ、なにしろすごい雨で、私もカペラもびしょびしょ、ドロドロ〜。
              もちろんアレックスも先生も通訳さんもスタッフさんもみんなびしょびしょ〜(^^;
              私は、レインウェアーを着ているとはいえ、走りにくいのでフードかぶってなかったから
              首元から雨が背中に流れ込んできて冷たかった〜、寒かった〜(T_T)
              でもカペラは大雨の中でも、いつもと変わらず、
              最後はちょっと疲れてきてはいたけど、まあまあのテンションで走れました。

              タイトに回す練習の部分だけ動画アップします(^^)
              1回目は失敗作。そんなに大回りしたと思わなかったんだけど
              それじゃダメ!とダメ出しされてやり直し。
              アドバイスのあとの2回目はまあまあですかね。
              雨音がすごいのでボリューム要注意です(^^;


              まだできないことばかりで、カペラではなく私の課題がたくさん(^^;
              アジってほんとに大変だな〜・・・。

              練習終わって、スタッフさんにシャワーでドロドロを流してもらったカぺちん。

              目がうつろ〜(^^;
              ブサイクになってます(笑)
              大雨の中、お疲れさまでした、カぺちん。
              付き合ってくれてありがとうね(^^)

               
              posted by: ろみい | アジリティー | 11:18 | comments(4) | - | - |
              ハンドリング
              0

                きのうはアジレッスンの日でした。
                ハードルで苦戦していたカペラだけど、ここのところだいぶよくなってきました。
                バーをひとつも落とさないで回れたシーケンスもありました!
                先生にも「跳び方がよくなってきましたね!」と言ってもらえて
                涙がでそうになるくらいうれしかった〜(T_T)
                ずっと練習してきたグリッドワークの成果もあるけれど
                先生にアドバイスをもらってハンドリングを変えてから
                カペラの跳び方もよくなってきました(^^)
                私もまだひとつずつ丁寧に跳ばせるように心がけていて、
                カペラも慎重に走っているので、スピードは出ないのだけど
                今はとりあえずここまでできるようになったことだけでもとっても嬉しい(^^)
                少し前までは先行きが見えなくて、ずっと不安だったけれど
                久しぶりに明るい気持ちでレッスンを終えることができました。

                もともとカペラはスピカとは違うようにハンドリングしないといけなかったけど、
                今回ハンドリングを変えたことで、またずいぶん違う感じになりました。
                でも走ってるうちについついスピカの時のように走ってしまって
                あ〜、失敗!ってことがまだ多々あります(^^;
                これは私がしっかり意識して慣れていくしかないですね。
                でも私自身もだいぶそのコツをつかんできたので、
                しっかり身につくよう練習しなければ!

                クラブの練習方法もスピカのときとはずいぶん変わって、
                カペラはアジ練をスタートする前に、基礎練習をずいぶんやったので
                障害に対する意識がスピカとは全然違います。
                スピカでは苦労しているバックスイッチもオーバーもすんなりできるし
                スラのエントリーもスピカよりずっと上手(^^;
                練習方法によってずいぶん違うもんだな〜と感心しています。
                スピカもこの練習をしていたら、ずいぶん違っただろうな〜と思います。
                まあ犬ができても私がきちんとハンドリングしないとだめなので
                人間の動きが一番重要なのは変わりませんが(^^;


                カぺちん、これからも頑張ろうね〜!
                母も頑張る!ほどほどに(^^; 
                せっかくやっと復帰できたので、無理せずやっていきま〜す(^^)

                 
                posted by: ろみい | アジリティー | 14:54 | comments(8) | - | - |
                久しぶりのフィールド
                0

                  きのうは自主練に行ってきました。
                  3月4日にレッスンに行って以来、ずっと体調が悪かったので
                  約3週間ぶりのフィールドです。

                  まだ完治というわけではなく、朝起きたときに時々フラッとすることもあるけれど
                  日中はもうほとんどふらつくこともなく過ごせるようになったので、
                  体を慣らしにいきました。
                  久しぶりに走ったので、少し控えめに(^^)
                  ワンたちもこの3週間、家のまわりのお散歩だけで
                  全然走っていなかったので、久しぶりに走って楽しそうでした♪
                  練習終わったあとには、プロッキーも一緒にフィールドを走りましたよ〜(^^)


                  プロッキーは仏頂面だけど(^^; スピカとカペラは笑顔です♪

                  3週間お休みしてみて、たまにはこういう時間も必要なのかもと思いました。
                  ずっと走り続けていたらやっぱり息切れしちゃう。
                  体力的にもそうだけど、精神的にも、たまにはなんにもしないで
                  のんびりする時間が大事なのでしょうね〜。
                  ワンたちにとっても、体を休める時間が必要なのかも。
                  ちょうどいい休養になったかな。
                  ゆっくりしっかり休んだので、また新たな気持ちで出直そう!
                  あ、でも無理しないよう、頑張りすぎないようにしま〜す(笑)
                  posted by: ろみい | アジリティー | 15:58 | comments(4) | - | - |
                  2月練習会2016
                  0

                    週末はクラブの練習会でした。
                    前日の雨も夜中に止んで、きれいな富士山を見ながらの、温かい一日でした。

                    前日の練習で、先生から「カペラもAGに出ましょう!」と言われて
                    この日はカペラのAGデビューとなりました。
                    ということで、カペラはスーパービギナー、オープン1、AGA(1度AGレベル)に出ました。
                    動画はスーパービギナーとAGAだけです(^^)



                    デビュー戦のAG、驚いたことにクリーンランでした!
                    危ういところもあったし、コンタクトはゆっくり止めているし
                    ところどころ先生からアドバイスをいただきながら、のおかげです(^^)
                    ラージの高さのバーがなかなか跳べなくて
                    この3ヵ月、ずっとずっと地道にグリッドワークの練習をし、
                    先生にも教えてもらいながら、どうやったら跳べるようになるのか
                    試行錯誤を繰り返してきて、やっとここまでたどりつきました。
                    涙がでそうになるほどうれしかった〜(T_T)
                    それでも動画を見てわかるように、スーパービギナーのときの
                    のびのびとした走りと比べると、高いバーを跳ばなくてはいけないAGの走りは
                    やっぱりまだ跳ぶときのためらいがあるし、自信なさげに見えます。
                    カペラがもっとのびのびと自信を持って跳べるようになるまで
                    まだまだ私の課題は続くのでした。
                    でも少しだけ明るい兆しが見えてきたのは、大きな励みになりました。
                    頑張ろう!

                    さて次はスピカの番。
                    JPはコースが私には難しすぎて惨敗でした〜(+_+)
                    なので動画はAGだけ(^^;
                    AGは完走したものの、お笑いアジを繰り広げてしまいました(笑)
                    先日の加古川の競技会のAG2です。



                    コース忘れてあたふたしてる私に、先生が次は黄色いトンネル、次はシーソー!と
                    声をかけてくれてなんとか失敗1で完走(笑)

                    走り終わったあとに先生からの解説がありました。
                    このコースは、完走は難しいコースではないということでした。
                    いかにタイムロスを少なくしてタイムを縮める走りができるかが
                    コース製作者の意図するところだそうです。

                    タイムを縮めるためのポイントは3か所。
                    。家屬鬚いに大きく膨らませずにタイトに跳ばせるか
                    Aフレ→ハードル→トンネルのところはフロントスイッチせずに
                     そのままひきつけてトンネル右へ
                    シーソー→ロング→ハードルのところで、いかにシーソーで犬を止まらせている時間を
                     少なくするか
                     シーソーで人間がリードアウトして、インサイドでロングからハードルへ連れていくための
                     位置取りをしていると犬をシーソーで止めて待たせる時間が長くなってタイムロスになる。
                     そこをあえてアウトサイド(人間はシーソー、ロングの左側を走る)を取って、
                     犬がシーソーについたら止めずにすぐに走らせ、その先のハードルはバックスイッチで
                     跳ばせる。
                     それによって、シーソーで犬を止めて待たせる時間はなくなりタイムが稼げる。
                     このハンドリングをした方が優勝だったそうです。

                    先生はトラップだと思ってなかったところで、かなりの人がひっかかっていて
                    びっくりした!とおっしゃってました(^^;
                    スピードのある子ほど難しいコースかな〜と思いました。
                    こうして実際の大会のコースを解説してもらえるのは面白いですね〜。
                    勉強になりました(^^)

                    今週末の埼玉ブロックは私は欠席。
                    みなさん、頑張ってきてね〜(^^)

                     
                    posted by: ろみい | アジリティー | 16:21 | comments(4) | - | - |
                    最近思っていること
                    0

                      最近、アジリティーのレッスンの時に、
                      「犬に考えさせて」ということをよく言われます。
                      失敗したときでも、すぐに人間が助けずに、犬にどうしたらよいのかを考えさせて、
                      試行錯誤させて、犬自身で学んでいくように仕向けます。

                      こういう練習の仕方をするようになってから、
                      犬に考えさせるっていうのは大事なことだな〜としみじみ感じています。
                      「待て」ひとつにしても、人間に命令されてする「待て」と
                      犬が自分で判断して「待つ」のでは、見た目は同じでも
                      きっとその「待て」の中身は全然違うものなんじゃないかって思えるのです。
                      犬が自分で考えて学んだことは、しっかりとゆるぎのないものになるし
                      犬自身が自信を持ってやるようになるように感じます。
                      アジ練のときだけでなく、普段の生活の中でも
                      そうやって犬に考えさせる機会をたくさん作ってあげたいな〜と思うのでした。

                      まあ、プロッキーはもう隠居生活で自由気ままにさせているし(笑)
                      スピカももうそろそろ現役引退だし、
                      そうやって育てるのはカペラだけになりそうだけど(^^)

                      玄関ドアの前で、私の「よし」を「待つ」カぺちん。
                      ここでは「待て」ではなく「待つ」です(^^)

                      まだこれからたくさん学ぶことがあるね、カぺちん(^^)
                       
                      posted by: ろみい | アジリティー | 08:14 | comments(4) | - | - |